ヤサキチ

関心、好奇心の共有

新人が現場で必要な最低限のロープワーク(動画)

f:id:meonia:20210110174021j:plain

建設現場ではご存じのように安全と効率が求められます。固結びなんかして先輩たちから怒号をもらわないように、途中で荷物の落下、荷崩れ等の事故を起こさないように日頃から自主的に練習しましょう。

 ①まずは柱上や足場の上などに水のう(工具バケツ)など輪っかのあるものを結んで、荷揚げ荷降ろしに使う結び方です。応用で色々使えます。


ロープ 結び方 引きとけ結び (ロープワーク講座)

 

次に万力結び。職種問わずに見たことがあるでしょう。軽トラなどにパイプや脚立などをロープで固定する方法です。特に40秒~からの解説には特に気を付けて見てください。ここを無視すると振動で緩んで事故ります。


万力結び(南京結び)の解説  株式会社栄興運

 

③最後にパイプや腕金、ケーブルなどの長尺物を引っ張ったり上げ下げするときに使う結び方です。細い物は利きが悪く滑るのでロープの太さには注意しましょう。いくつかやり方や手順がありますが、今回は一番わかりやすいものを紹介します。

主に電気工事で見る機会があるかもしれません。効率が大事な現場では下の部分は結ばずに、たらしの部分をビニールテープで済ませる人もいます。


くくり結び

 

それでは健康に気を付けてご安全に!

 

ロープワーク大研究

ロープワーク大研究

  • 作者:国方 成一
  • 発売日: 2011/07/30
  • メディア: 大型本